不動産投資情報の見方とは?

家賃の安定性とミドルリスク・ミドルリターンというのを頭に入れておきましょう。

不動産投資とはどんな投資なのでしょうか?
基本から、そうなんだ!と思えることまで、様々な不動産投資情報をお伝えしたいと思います。

不動産投資情報の1つめは、そもそも、どんな投資なの?という点です。
投資として比較的一般的なものに株式投資があります。
多くの方は、株式を安く買って高く売ることで利益を得ています。
この売買益をキャピタルゲインと呼びますね。

株式は日々変動し、時に世界の金融ショックなどを受けて、大暴落することもあります。
また、企業の倒産により、紙切れになってしまうこともあります。
もちろん、その逆で一気に値上がりすることもありますが、こうしたことから、株式投資はハイリスク・ハイリターンと言われます。

一方、株式では配当所得というのもあります。
配当は企業が決算を行い、利益が出ている時にその一部を株主に還元するもので、中間決算の時と、本決算の2回に分けて配当されるのが一般的です。
これをインカムゲインと呼びます。

ただし、株式の配当は利益が出ていないと受け取れませんし、また、利益が出ていても企業の政策により配当がなされない場合もあります。
企業業績や企業の政策によるので、その時によって、幾ら手に入るかは分からない不確実な収入です。

これに対して、不動産投資の場合はどんな利益が得られるでしょうか。
不動産投資は不動産を購入して、そこから賃料収入を得ることを目的にしています。
もちろん、不動産を安く購入して高く売るという転売益を得ることもできますが、基本は賃料収入が目的です。
つまり、キャピタルゲインよりインカムゲイン重視です。

また、家賃収入は空室リスクや当初設定した賃料が下落する可能性はあるものの、不動産管理会社に一括借り上げ保証をしてもらえば、毎月確実に家賃が入ってきます。
借り上げ保証の賃料も契約の更新時に、賃料相場の変動に合わせて上下することはあります。
ただし、賃料というのは株式価格のように日々変動するわけでもなければ、いかに景気が低迷しても、そこまで大きく下落はしません。
人気のエリアや優良物件であれば、景気が悪くても賃料が下がらないこともあります。
その意味で、インカムゲインは安定しています。
将来、売却することがあっても、長期間にわたって家賃収入を得てきたわけですから、購入時より多少価格が下がっていても、トータルで見れば得をすることもあります。

つまり、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンなのです。
不動産投資情報として、家賃の安定性とミドルリスク・ミドルリターンというのを頭に入れておきましょう。

また、借り上げ保証という制度が利用できることも、不動産投資情報のポイントとなります。
たまに屋外広告で投資利回り〇%といった、不動産投資情報を見かけることはありませんか。
不動産投資のリターンを検討する際の1つの目安として、利回りがあります。
これには表面利回りと経費を考慮した実質利回りがあり、不動産投資情報で目にする利回りは、表面利回りです。
年間の賃料収入を、投資した不動産価格で割って求めます。
これに対して、実質利回りは年間の賃料収入から、かかった経費を控除し、その純利益を投資した不動産価格と購入時の経費を含めたもので割って求めます。

たとえば、2000万円のワンルームマンションを購入して、1年間に得られた賃料が100万円だった場合、不動産投資情報に示される表面利回りは5%となります。
これに対し、年間の経費として固定資産税の支払いやメンテナンス費用などが50万円かかっており、購入時に諸費用として200万円かかっていた場合、この経費を考慮して実質利回りを求めると2.2%と計算できます。

不動産投資情報を見るにあたっては、目先の利回りだけにとらわれず、どういう根拠で計算されているかを考えましょう。
また、その利回りはあくまでも順調に賃料収入が得られた場合の話なので、借り上げ保証を受けず、空室が出た場合などはその通りにならないリスクも存在します。
不動産投資情報の見方を知って、上手い話に乗せられないようにしたいものです。