お得な不動産情報!ローンと保険の関係性

不動産のオーナーが死亡したり、高度障害で一生働くことができない体になってしまった場合などは、生命保険金がおり、ローンの残額が全て完済されます。

不動産投資情報として、多くの人が金利が低めの不動産担保ローンを利用して、サラリーマンであってもマンション経営を始めていることが分かりました。

ちまたの不動産投資情報を通じて、マンション経営が生命保険代わりになる、という話を耳にしたことはないでしょうか。
いったいどういう意味?という方のために、ここでもご紹介したいと思います。

不動産投資会社などで提携している、不動産投資のためのローンでは団体信用生命保険に加入することが通常です。
この団体信用生命保険が、万が一の場合に、保険として働いてくれるのです。

もし、ローン契約者である不動産のオーナーが死亡したり、高度障害という状態で一生働くことができない体になってしまった場合などに、生命保険金がおり、ローンの残額が全て完済されます。
つまり、もし死亡した場合には、残された遺族は毎月のローンの支払いをせず、賃料収入を丸々手に入れることができるようになります。
亡くなった方の勤労収入が途絶える代わりに、賃料収入で生活を支えることができることになります。

高度障害になった場合には働けなくなって収入が途絶える一方、家族の生活費や療養費、介護費用などが必要になります。
障害年金なども入ってきますが、この場合も、団体信用生命保険でローンの残額が完済されるので、ローンの支払いなく、賃料収入も生活費や介護費用に回すことができるようになります。
その意味で、マンション経営をローンで行うと、生命保険の代わりになると言われているのです。

なお、団体信用生命保険の保険料は、一般的には金利に含まれているので、別途、支払う必要はありません。
また、多くの方は、これまでに万が一のことを考え、家族のために生命保険に加入されていることと思います。
毎月の保険料負担は、けっこうかかりますね。
少なくとも1万円程度は支払っているのではないでしょうか。

この点、ローンの団体信用生命保険に加入することで、万が一の場合は、賃料収入相当の金額が遺族のために確保されます。
そのため、現在加入している生命保険の必要保障額を、その分、削ってもいいことになりますね。
保険金額の減額により、保険料を抑えることができます。

大切な家族には長生きしてもらいたいですから、団体信用生命保険を利用する機会はないほうがいいです。
その場合でも、毎月の保険料を抑えることで、家計の収支は少しアップしますから、やはりお得になります。

また、現在、生命保険の必要保障額が不足している人にとっては、マンション経営で利益を得つつ、保険金額をアップしたのと同じ効果が得られます。
生命保険とローンの団体信用生命保険の関係も、不動産投資情報の1つとして知っておきましょう。