不動産投資情報から中古物件を考える

新築物件に比べると、中古物件は利回りが高い分、リスクも大きいということが分かります。

不動産投資情報を探していくと、投資用のマンションやアパートには新築はもちろん、中古もあります。
では、どちらがいいのでしょうか。

これについては、それぞれメリット、デメリットがあるので、どの程度のリターンを狙いたいのか、予算も含めて検討していく必要があります。
ここでは、中古物件のメリットやデメリットについて紹介していきます。

まず、中古物件は同じエリア、同じ程度の広さの物件であれば、当然ながら新築に比べて価格が安くなり、投資額を抑えられます。
一方で、築年数や間取り、設備の状況によっては、入居者が確保しづらく、賃料も安くなることがあります。
もっとも、既に居住者がおり、オーナーチェンジによる購入の場合は、とりあえずの空室リスクは避けられます。

その居住者が長く住んでいる人であるなど、今後も居住の継続が見込まれるといった状況まで確認できれば、手頃な価格で物件を手に入れ、安定収入を確保できるメリットが高まります。
借り上げ保証の場合は、設定されている賃料に比べ、さらにオーナーに渡される金額は少なくなります。

なお、築年数が長い中古物件の場合、老朽化により修繕費用やメンテナンス費用など、コストが割高になる場合があります。
さらに耐震性に問題があるといった状況があれば、投資資金を回収する前に建て替えなどのコストが覆いかぶさって損失を出すケースもあり得得ます。

中古物件選びは、築年数、建物の老朽化の状況、室内の設備がどれほど整っているか、メンテナンスなどの管理はしっかりなされているか、築年数が古くても人気のある物件か、などを慎重に調査してから購入する必要があります。
また、築年数が古く、耐震基準などにも懸念がある建物については、金融機関でローンを断られるケースがあります。
最初から安い物件をキャッシュで買おうと考えている場合にはいいですが、ローンを組んで投資したいと考えている方は、出鼻をくじかれないよう気を付けなければなりません。

このように中古物件は、購入価格の安さや、表面利回りの高さに飛びつくと危険です。
新築物件に比べると、利回りが高い分、リスクも大きくなることは、不動産投資情報として重要なチェックポイントになります。

価格の安さを優先して中古物件を選びたい場合は、築10年前後の築浅の中古物件で建物の状態がよく、かつ人気のエリアで、最新設備とはいかないまでも最低限の設備が整っている物件を探してみましょう。
メンテナンス費用などコスト増を避けるためにも、不動産投資情報をしっかり調べて優良の中古物件を見つけることが大切になります。