一室か一棟か?不動産投資情報から見極める

規模を広げたくなったら、1棟丸ごと購入するのではなく1室ずつ増やすという方法もあります。

不動産投資情報を見て行くとワンルームマンションなど1室ではなく、アパートやマンション丸ごと1棟に投資してみませんか?という広告も見かけます。
それなりに資金に余裕がある方や、大規模な賃貸経営で賃料収入を得たいという方には、1棟も魅力かもしれません。
場合によっては、東京の地価が高い場所のワンルームの価格程度で、地方の1棟アパートが購入できたりします。

そこで、1室投資と1棟投資のメリット、デメリットを確認しておきましょう。
まず、1室投資のメリットは、投資額が少なくて済むことです。
都内の新築ワンルームマンションで2000万円程度、中古なら1000万円以下で手に入るケースもあります。
万が一、賃貸経営が上手く行かなくても大きな失敗を回避できます。
デメリットとしては、そのマンションの管理規約に従う必要があるので、ペット可で人気の部屋にしたいと思ってもできないなど制約があります。

では、1棟の場合はどうでしょうか。
投資額が基本的に多額になります。
1棟丸々の部屋の空室リスクを考慮する必要があります。
部屋が満室ならいいですが、空きが目立つと収支が狂います。
修繕や建て替えなど、建物全体のコストがオーナー負担になります。
また、地震など大規模災害が起きた場合に、1棟全てを失うことや、再建築するほかないというリスクを負うことになります。
メリットとしては、資産価値があります。

マンション自体は老朽化しても、取り壊した場合に土地の価値が残ります。
資金があれば自分の思い通りの新築に建て替えることもできますし、資金がないなら、土地を売却できます。
地価の高いエリアなら都合もいいでしょう。

というわけで、ここでの不動産投資情報のポイントは、気軽に不動産投資を始めるなら、1室からということです。
順調に利益を得て、規模を広げたくなったら、1棟丸ごと購入するのではなく、別の物件を1室ずつ増やしていく方法もあります。
これは投資物件のリスク分散にも繋がる考え方です。

たとえば、最初の物件が学生街で学生向けとして購入したなら、今後の少子高齢化を考えて2つめの物件は社会人向けを購入し、3つめは家賃が高めに設定できるファミリー向けを購入するなどです。
また、災害リスクを分散させるために、賃貸ニーズの高い都市圏を中心に、東京、大阪、福岡、札幌などで1室ずつ購入するというのも1つの方法です。

もっとも、ある程度、その土地を知っていて、ニーズが分析できるエリアがいいと思います。
なお、都市部ではなく地方の場合は空室リスクが高くなる傾向があるので、遠くに買う場合は不動産投資情報の収集を慎重に行いましょう。